海 歌手:サザンオールスターズ 作詞:桑田佳祐

 1984年7月リリース、サザンオールスターズ7枚目のオリジナルアルバム「人気者で行こう」の収録曲。元々は桑田氏がジューシーフルーツに提供した曲をカバーしたものです。1990年には芳本美代子もカバーしています。

 歌詞はこちらで。

 女性ボーカルのジューシーフルーツに提供した為か、曲の内容も女性目線です。夏の海辺で恋に落ちた思い出を懐かしむ女性の姿が描かれていると解釈できます。

 主人公の女性の気持ちを一番表しているフレーズがAメロとBメロに出てくる「ほんのチョットだけで」というフレーズだと思います。

 そのほんのチョットとはそれぞれ一体何なのか?

 Aメロでは“移り気なアナタに 抱かれてしびれた”という行為。移り気=恋多きプレイボーイという意味なのでしょう。遊び人な男が何気なく抱き寄せる行為。

 更にBメロでは“海辺へ通う道 真夏の出来事”という、何の変哲もないような風景が切り取られています。

 これらから想像できるのは、真夏の海辺への道を並んで歩く男女。二人の関係はただの友達。遊び人の男が、いつものクセで女の体を抱き寄せた。しかしそれは彼女にとってはかなり大きな出来事だったのです。

 結局、二人は恋に落ち、ひと夏の思い出を作ったのでしょう。しかし彼女の中にはひっかかるものがあったのではないでしょうか。それらが分かるフレーズがBメロの後半、

心変わりがするなんて 他の誰かを愛してる

引用元

 それと繰り返しサビにある

渚に埋めた涙には 秘密の思い出が

引用元

 こちらの2つだと思います。

 “心変わり”“秘密の思い出”・・・彼女には他に恋人がいた、もしくは結婚していたのではないでしょうか。背徳感を抱えたまま男と過ごした夏。彼女の中で懐かしむ気持ちと封印したい気持ちが複雑に絡み合っているのが想像できます。

 この曲がリリースされた80年代、毎年夏になると、カーステレオからサザンの曲をかけながら海へドライブが日本中の若者の定番でした。「夏」や「海」をテーマにした曲がたくさんある中で何故この曲にそのものズバリ「海」というタイトルが付けられているのでしょうか。

 例えば歌詞に出てくる「渚に埋めた涙」「秘密の想い出」というタイトルにすればしっくりくると個人的に思っていました。でもそれだと直球過ぎてセンスのかけらもありませんね。

 海は季節や天候に合わせて、その色を変えます。夏の海は青く、冬の海は黒く、風がなければ穏やかな波、台風がくれば荒ぶる危険な顔も見せます。

 恋人がいる、もしくは結婚している女性がほんのチョットの出来事で恋に落ちてしまう気持ちを、変わりやすい海に例えたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です