Squall

 Squall 歌手:松本英子 作詞:福山雅治

 1999年9月リリース、松本英子2枚目のシングル。作詞・作曲の福山雅治主演の月9ドラマ「パーフェクトラブ!」の挿入歌。又、福山本人もセルフカバーして同年の11月にリリースしています。

 歌詞はこちらで。

 最初は歌っている歌手も誰の作品であるかもまったく知らないフラットな状態で、ラジオから流れるこの曲を聴きました。その時に感じたのは「あれ?これって80年代の曲のリメイク?」という事でした。

 きっと松本隆-筒美京平作品の曲を新人女性歌手が歌ってるに違いないと思いました。耳障りのよいメロディが筒美京平作品かどうかは別として、歌詞の中に散りばめられたフレーズの多くが、80年代の曲の世界観が見えてくるのです。

 タイトルの「Squall」は松田聖子のファーストアルバムタイトルと同じ。

 「汗をかいたアイスティー」「撮りすぎたポラロイド写真」のようにアイテムに主人公の心情を投影させる手法は松本隆作品そのもの。

 「ちょっと大きなあなたのシャツ 通した袖をつまんでみた」は中森明菜の「セカンドラブ」の「あなたのセーター 袖口つまんでうつむくだけなんて」を彷彿させます。

 そして「あんなふうに ハシャいだから 帰り道は さみしくなるよ」はサザンオールスターズの「恋はお熱く」の「早いものね もう日が暮れてきたわ 帰り道がつらい」のフレーズが浮かんできます。

 後にこの曲が福山雅治作品だと知って、納得しました。年齢的に感受性豊かな10代の頃に聴いた音楽のフレーズが浮かび、それらがいい意味でインスパイアされ生み出されたのではないかと。実際にこれらのフレーズから主人公の女性のトキメキや切なさが良く伝わってくるのです。

 若い年代の人には繊細な女心を表現した歌詞が新鮮に感じ、同世代の人間には自分自身の恋をしていた青春時代の記憶が蘇り、懐かしいような不思議な気持ちになります。

 それは福山雅治自身の80年代に活躍したミュージシャンやクリエーターに対するリスペクトが伝わってくるからではないでしょうか。

 誰しも心の中に「夏の憧れ」を持っているのです。

 それから私の勝手な推測ですが、この曲は福山にとって他のシンガーへ初の楽曲提供という事から、松本隆-松田聖子路線を若干意識した部分もあったのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です