ZUTTO

 ZUTTO 歌手:永井真理子 作詞:亜伊林

 永井真理子が1990年にリリース。作詞の亜伊林は、初期の松田聖子の作詞等でお馴染みの三浦徳子さんのペンネームです。

 歌詞はこちらで。

 フジテレビ系「やまだかつてないテレビ」のエンディングテーマ。番組のエンドロールが流れる中、様々なカップル(恐らく素人)達がキスをするシーンのバックで流れていました。画面に映る恋人達の姿の割りには、醒めたような歌詞という印象を持っていました。

ほどけた靴ひも そのままでいたい夜
Heartの字幕 孤独(ひとり)にしといてなの

引用元

 誰しも、心にポッカリと穴が空いたような時に「声をかけてほしくない」「ひとりにしていてほしい」と思う事があります。歌の主人公の彼氏は、その空気をちゃんと読んで「知らんふり」してくれる人です。

 これまでのラブソングの概念からだと「ひとりにしないで」「辛い時こそいっしょにいてほしい」のように、常にベッタリしましょう的歌詞が多く、この曲が醸し出す「距離感」がとてもドライでクールなものに見えたのです。

 2コーラス目では

2人は違う人間だから 一緒にいられるの
そばにいてもね別々の夢 見られるよ…

引用元

 と、たとえ一緒にいても相手の色に染まらず、それぞれの個性を持ち続ける2人である事を強調しています。

 カップルに街頭インタビュー等の際、「なぜこの人を選んだのか」の質問に対し、「感性が同じですから」と答える人を見かけます。私の偏見かもしれませんが、ファッショナブルなライフスタイルを強調した、鼻持ちならない人達だな(笑)と思うのです。この歌詞からも、一瞬そのような匂いが漂ってきていました(笑)

 しかし、最後までじっくりと歌詞を見てみると、印象が変わってきます。

 ラストのサビを繰り返す部分。

ずっとずっとねェ 自由時間あげる

引用元

 「自由時間をあげる」とは恐らくお互い束縛はしないでおこうねという事でしょう。それは何故か?全ては次のセンテンスに繋がります。

ずっとずっとねェ きらきらしてようよ

引用元

 これがこの曲のメインテーマじゃないのでしょうか。長く付き合っていると、どうしてもマンネリ化してナァナァの関係になってしまいがちです。相手の性格(嫉妬、束縛等も含め)イヤになる事もあるでしょう。

 「キラキラしてようよ」とはそうならない為にも、お互い微妙な距離感を置きながら、刺激しあえる関係でいようという気持ちの表れではないのでしょうか。

 燃え上がるような愛を語りながらも、醒めて倦怠期を迎えるよりは、適度な緊張感を持って「恋人気分」を忘れずに、「ZUTTO(ずっと)」いい関係を保ちましょう。

 一見ドライに見える歌詞も、裏返すと「ZUTTO(ずっと)」お互いを好きでいたいという熱いメッセージが込められているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です